家事代行サービスの選び方で注意すべき4つのポイント

家事代行サービスの選び方

家事代行サービスを頼む時は、いくつかの家事代行会社のプラン内容や料金を比較してみる必要がありますが、その時には何に気を付けておけば良いのでしょうか?

家事代行サービスの選び方

家事代行サービスを利用する際に、トラブルや行き違いがないようにする為の個人でできる対策を3つに絞って紹介します。

自分の利用したいサービス内容を把握しておく

「家事代行」と言っても、家事にも様々な種類があります。

掃除、洗濯、料理、買い物、庭の掃除、片付け、整理整頓など。
掃除と洗濯はサービス提供内容に含まれていることが多いのですが、料理や買い物などに関しては、オプションサービスになっていて、追加料金が必要になる場合も多いです。

頼もうと思っている家事が「掃除と洗濯だけ」「料理だけ」と既に決まっているなら、「掃除・洗濯のみ承ります」や「料理代行サービス」と書いてあるプランを選んだ方が、比較的リーズナブルに家事代行を利用することができます。

その都度、要望が変わるような場合は、家事全般を一挙に引き受けてくれるプランにすると、使い勝手が良いと思います。

住んでいる所がサービス対象エリアかどうか?

例えば自分が住んでいる所が、大阪だとして、ある家事代行会社のサービス提供エリアに「大阪」と書かれていたとしても、安心はできません。

大阪と明記してあっても「大阪市内限定」や「大阪市周辺のみ対応」で、岸和田市や泉佐野市のような大阪南部に住んでいる人は、その会社の家事代行サービスを利用できないというケースもあります。

特に各都道府県の中心市街地以外に住んでいる人は、家事代行サービスを申し込む前に家事代行会社に問い合わせてみて、自分の住んでいる地域が本当にサービス対象エリアなのか確認してみることが大切です。

トラブルが起きた時の補償や保険を確認

家族関係のない他人が、家に入って作業をする訳なので、やはり心配なのは盗難や物の破損です。

盗まれたり、壊されたりする可能性があるものは、作業してもらう部屋に置かない、カギのかかる場所に置いておくなどの自衛をする必要があります。
それでも金品の盗難や、物の破損が起こる可能性もあります。

またスタッフの過失で、家族が家事代行の作業中に怪我をしてしまうことも考えられます。

多くの家事代行会社は損害保険に加入していて、その範囲内で補償を受けられますが、金額や補償範囲は会社によってマチマチです。

もし万が一トラブルが発生した場合は、どれくらいの損害賠償を受けられるのか、スタッフの教育はどのようになっているのかなど、気になることは事前に確認することが大切です。

お試しプランを一度利用してみる

定期的に家事代行サービスを利用しようと考えている人は、直ぐに定期コースに申し込むと危険です。

定期コースの契約期間は1ヶ月や3ヶ月となっていることが多く「思っていたサービスが受けられなかった」と、途中での解約が難しい場合があります。

各家事代行会社では初回の家事代行サービスを通常料金よりもお安く利用できるトライアルコースや、初回おためしプランを設けていることがあります。

「一度家事代行サービスを利用してみて、内容に満足がいった時は定期コースを契約する」とした方がミスマッチを防ぐこともできます。
お試しプランがない時は、単発利用ができるスポットコースを利用してみると良いでしょう。

高い料金を支払ってサービスを頼む訳なので、不快な思いはなるべくしたくないものです。
即決でサービスを決めることはせずに、ある程度時間をかけて比較検討をしてみると、より自分に合った家事代行サービスを選ぶことができると思います。

関連ページ:家事代行をお試しで体験できるトライアルコース5社まとめ

カテゴリ:家事代行サービスの使い方